『HP Chromebook x2』を12.3インチの大型タブレットにしてkindleアプリで読書してみた。

デジタルガジェット
スポンサーリンク

『HP Chromebook x2』はキーボードを取り外せば12.3インチの大画面タブレットになります。

ChromebookはAndroidアプリが使えるので、『Chromebook x2』はキーボードを外すと大画面Androidタブレットとして使えます。

私は8インチのAndroidタブレット(dtab Compact d-02k)、9.7インチのChromebookタブレット(ASUS Chromebook Tablet CT100PA)を所有していますが、用途の大部分がウェブ閲覧と読書です。

この『Chromebook x2』にもkindleアプリをインストールし、12.3インチの大画面タブレットで読書するとどんな感じか試してみました。

 

『Chromebook x2』はディスプレイが光沢タイプでとても綺麗なのですが、私は反射が苦手なのでいつものように反射防止の保護フィルムを貼りました。

これです。

こんな感じのパッケージに入っていました。

サイズがピッタリなので貼った後も何も貼ってないかのように綺麗です。

 

kindleでまずは小説を開いてみました。

画面が広いのでかなり多くの文字を表示できます。

8インチ、9.7インチと比較するとこんな感じです。

文字のサイズを大きくすれば当然表示される文字数は減りますが、12.3インチは小説読むには少し大きすぎる気がします。

 

画面の表示を横にするとこんな感じです。

中央にページ区切りのラインが入っていれば小説を開いている感じになると思いますが、区切りはなく、横長の1ページとして表示されます。

 

雑誌はこんな感じです。

これも8インチ、9.7インチと比較しましたが、比率の関係で9.7インチとそこまで大きな差はないように見えます。

 

コミックです。

コミックは雑誌よりも『Chromebook x2』の画面比率に合っているのでより大きく見えます。

 

色々比較しながら実際にしばらく読書してみましたが、結論から言うと12.3インチは読書には少し大げさな気がしました。

小説を読むには1ページに表示される文字数が多すぎて疲れます。

コミックや雑誌は見やすくて良いと思いますが、コミックは9.7インチや8インチでも充分読めますし、雑誌は9.7インチでもなんとか読めます。

 

読書には9.7インチタブレットが持ち運びの楽さと見やすさで一番バランスが取れている気がしましたが、ちょっと調べものをしたいとき、文字入力作業の休憩にちょっと読書したくなったときにキーボードを外してタブレットにしてKindleで読書ができるのはとても便利です。

この『Chromebook x2』、まだ入荷は未定になっていますが、本当に便利で楽しいので見かけたら是非触ってみてください。

(Visited 468 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました