HITOSHI MATSUMOTO Presents FREEZE の感想

動画配信サービス
スポンサーリンク

松本人志さんの「ドキュメンタル」に続くAmazon Primeオリジナルの番組「FREEZE」を全部見ました。

完全新企画の新番組です。

「ドキュメンタル」は笑った者が退場、最後まで残った人が優勝となるのに対し、
「FREEZE」では動いた者が退場になり、最後まで残った者が優勝=賞金獲得と言うわかりやすいルールです。

全体的な感想としては、ところどころ声を出して笑うような場面もあったけど・・・的な感じです。

「リアクションを取らない」ことの面白さと言う発見はありましたが、判定に納得できなかったり、なんか不公平だったり、ルールで縛っているからこそ気になってしまう部分がいくつかありました。

判定は動いたかどうかだけではなく、番組全体を通しての松本人志さんの意図もあると思いますがちょっと気になりました。

ルール上、面白いリアクションを取る人は早々に脱落してしまって残念なような気もしますが、これは「動かないように頑張って我慢すること」が生み出す面白さなので、「動いたら負け」と言うルールがないと生まれません。
あと、「FREEZE」においては、そもそもリアクションの面白さは求めてないと思います。

でも全員が全員ノーリアクションだとそれはそれでたぶん面白くないし難しいところですね。

「ドキュメンタル」も回を重ねるごとにルールが洗練され、アイディアが追加されてどんどん面白くなって行きますし、松本さんの事なのでもう次を考えている事だと思います。

「ドキュメンタル」同様、「FREEZE」の今後にも期待しています。

(Visited 88 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました