Bluetooth 5.1対応のワイヤレス充電式マウスを買ってみた!けどそもそもBluetooth 5.1の5.1ってどう言う意味?

Bluetoothマウス デジタルガジェット
スポンサーリンク

マウスの調子が悪くなってきたので久々に新しいものに買い替えました。

いつも通りAmazonで探しました。

2,380円とかなりリーズナブルで、デザイン的にもシンプルで良かったのですが、何より『最新Bluetooth 5.1』と言う売り文句に惹かれてこれにしました。

 

いかにも中華製な箱です。

 

デザインはブラックとシルバーでシンプルです。

手触りはサラサラで良い感じです。

 

底面にUSBレシーバーが収納されています。

 

Bluetooth接続とレシーバーを使用する2.4GHz接続をスイッチで切り替えられます。

 

使用感は、まあ普通です。

特に悪くもないし特筆するほど良いと思うような感じでもないしこんなものかな?と言った感じです。

クリック音が静かで良いです。

 

こんな感じで使用感はこれまで使っていたマウスと比較して変わったような気はしませんが、ではこの『最新Bluetooth 5.1』って一体どう言うメリットがあるの?と言うことでBluetoothのバージョンについて調べてみました。

調べたと言ってもWikipediaを見ただけですが、以下、Wikipediaから簡単にBluetoothのバージョン毎の特徴をまとめてみます。

バージョン特徴
1.0b1999年に公開された最初のバージョン。
1.0b + CE (Critical Errata) 1.0bに修正を加えたバージョン。
1.1 最も普及したバージョン。
1.22003年11月に公開された、 2.4GHz帯域の無線LAN 等との干渉対策が盛り込まれた バージョン。
2.0最大通信速度を3Mbpsの通信に切り替える Enhanced Data Rate (EDR) を追加できるようになった。
2.12007年に公開。NFCに対応。マウスやキーボードなどのスリープ時間が多い機器のバッテリーを最大で5倍延長できる「Sniff Subrating」機能を追加。
3.02009年4月公開。最大通信速度が24Mbpsとなる High Speed (HS) が追加された。省電力性も向上。
4.0 2009年12月公開。大幅な省電力化を実現。
4.1モバイル端末向け通信サービスの電波干渉を抑える技術、直接インターネット接続できる機能等が追加された。
4.2通信速度が260kbpsから650kbpsに2.5倍高速化。
5.0通信速度が更に高速化、通信容量も増え、接続距離も伸びた。
5.1方向探知機能が追加。

こんな感じです。

 

バージョンが新しくなるにつれて、通信速度、容量、距離が向上しています。

今回購入したマウスに書かれている『5.1』では新たに『方向探知機能』が追加されています。

この『方向探知機能』がどういう機能なのかと言うと、文字通り接続したBluetooth機器がどこにあるかをcm単位で正確に検出する機能らしいです。

これ、マウスに必要ですかね・・・?

 

と言うかそもそもこのマウスは本当にBluetooth 5.1で接続されているのかも気になって来たので調べてみました。

ドライバーバージョンの値が『10.0・・・・・』となっています。

この値が『10.0・・・・』の場合はBluetooth 5.1らしいので、このマウスがBluetooth 5.1で接続されているのは間違いないようです。

 

マウスの場合、方向探知機能はなくても良い気がするので Bluetooth 5.0で充分な気もしますが、最新なのは何かメリットがあるんだろうと言うことで、このマウス、低価格だし手触りはサラサラでデザインもシンプルで使いやすいのでマウスを探している人は候補に入れてみてください。

(Visited 172 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました