8インチUMPC『Topjoy Falcon』がついに到着!さっそく開封してみた。

デジタルガジェット
スポンサーリンク

Kickstarterで2018年10月に出資し、2019年2月に届く予定だった8インチUMPC『Topjoy Falcon』が5か月遅れでようやく到着しました。

CPU不足だなんだで途中不安になるほど遅れ、その間に色々な8インチクラスのUMPCが発表されて微妙な気分にもなりましたが届いたので一安心、全て良しと言うことにします。

 

Falconの128GBモデルと特典のスリーブ、発送が遅れたお詫びのHDMIケーブル、別で注文したHUBです。

Falcon本体の箱はこんな感じです。

正方形の箱の中心にシルバーでTOPJOYのロゴが入っています。

 

箱の底にはスペックが記入されています。

CPUが当初予定されていた Intel Pentium Silver N5000 からIntel Pentium Silver J5005 に変更されています。

開けてみるとこんな感じです。

本体とアダプター、ケーブルが入っていました。

本体上蓋にはTopjoyのロゴ等何もなくシンプルです(ロゴは底面に入っています)。

開くとこんな感じです。

わかってはいましたがキー配置が結構独特です。

本体右側にはUSB3.0、ヘッドフォン、HDMI、USB TYPE-Cの入出力端子とスピーカー穴があります。

左側にはスピーカー穴と排気口?があります。

 

特典のスリーブに本体を入れてみるとこんな感じです。

専用だけあってさすがにピッタリです。

 

外観はシンプルで、良くも悪くもズッシリしていて意外と高級感があります。

キー配置には慣れるまで苦労しそうですね。

かと言って外付けキーボードを使うとUMPCのメリットがなくなってしまうので慣れるまで頑張ります。

しばらく使い込んでまたレビューを書きます。

せっかくだからFalconペンも一緒に買えば良かった・・・。

(Visited 454 times, 1 visits today)

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました