T2 トレインスポッティング の感想

映画
スポンサーリンク

前作の「トレインスポッティング」は、高校生の頃に見て衝撃を受け、影響を受け、以降常に頭の中のどこかにあるような、そんな存在の大好きな映画です。
劇中で使用されていたイギー・ポップの「ラストフォーライフ」、アンダーワールドの「ボーンスリッピー」、ルー・リードの「パーフェクト・デイ」なんかは今でもたまに聞きます。

そんな作品の公開から20年が経ち、実際の年月と同じ20年後を描いた映画が製作されると聞き、もちろん嬉しくはあるのですが、若干不安も混じった複雑な心境になりました。
前作をきっかけに世界的な俳優になったユアン・マクレガーは完全なおじさんになってしまっていますし、その状態で20年後を演じられても前作をぶっ壊すだけの作品になってしまうのではないかと言うようなことを考えながら見ましたが、そんな不安はすぐに吹き飛びました。

登場人物みんな20年が過ぎたなりの容姿になっていますが、相変わらずスタイリッシュな映像、音楽、街並みを眺めているとすぐに昔に戻ったような感覚になりました。
そんな感じで眺めていたらふとインサートされる前作の映像に急に年月を感じ、自分も同じように歳を取っていることを感じたり、不思議な体験でした。

20年振りに戻った自室で、最初は聞けなかったイギー・ポップの「ラストフォーライフ」を、最後には何の抵抗もなく思い切り聞きながら踊るレントンを見ていると、痛快だったり切なかったり、羨ましかったり哀れだったり、色んな感情が湧いてきました。

この作品は、見る人の心理状態によって感想が変わってくると思います。
今の生活が充実している人は、スタイリッシュな映像や音楽に乗せて20年前と何も変わらない生活を送るレントン達を見て、ただただ痛快に楽しく感じるかも知れないし、
そうじゃない人は、20年前より少しだけかしこくなっただけのコソ泥のような事を繰り返す歳を取ったレントン達を見て、ダメダメな生活から抜け出せない閉塞感や絶望感を感じるかも知れません。

自分の場合は、上にも少し書いたように色んな感情が湧いてきて、このままのんびり生きて行けば楽かもなと考えながら、このまま行けばまずい事になるんじゃないかとも感じている自分を改めて自覚しました。

色々思うところの多かった作品ですが、自分の中では前作に続いて忘れられない作品になりました。
高校生と言う多感な時代に前作を見て、登場人物と同じように歳を取って本作を見たと言う部分も大いに関係していると思います。
これから先もこの作品は恐らく何回も見ることになると思います。
20年後に「T3」でまた更に歳を取った4人を見てみたいと思いますが、あんな生き方してたら20年後はさすがにいない人がいるかも知れません。

T2 トレインスポッティング ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2017-09-06)
売り上げランキング: 2,481
トレインスポッティング 1996/2017 ブルーレイセット(初回生産限定) [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2017-09-06)
売り上げランキング: 818
(Visited 47 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました