手軽に組み立てられる自立型120インチスクリーンで裏庭に屋外ホームシアターを構築してみた!

デジタルガジェット
スポンサーリンク

裏庭映画にハマり、せっかくなので自室には設置できない大きなスクリーンを使ってみようと自立型の120インチスクリーンを買ってみました。

 

これです。

作りはしっかりしてそうなのに組み立てが簡単そうなところが気に入りました。

 

いつものようにAmazonで注文したらすぐ届きました。

こんな感じの布のバッグに部品が全て入っているので楽に持ち運べます。

一見部品が多くて設置が大変そうに見えますが、ポールの数は上下左右の4本、

ポールの中にゴムが通っているので組み立ては本当に簡単です。

部品をなくす心配もありません。

 

暗闇の中、ランタンの明かりだけで説明書も見ずに作り始めましたが、10分もかからずに完成しました。

120インチはやはり大きくて迫力があります。

作りがしっかりしているのでこの大きさでも安定感があります。

 

早速いつも通りモバイルHDプロジェクター『XGIMI MoGo Pro』を外に持ち出して映画を楽しみました。

外に持ち出す機会が増えて来たので、持ち運びが楽なように『MoGo Pro』専用の収納ケースを買いました。

 

プロジェクター本体とリモコン、三脚をまとめて収納して持ち運べます。

EVA素材で衝撃に強く、少しなら水に濡れても大丈夫そうなのでMoGoを外に持ち出す機会の多い人はこの収納ケースを使えば安心です。

 

真っ暗なので写真はなにがなにかわかりませんが、屋外の120インチスクリーンに『XGIMI MoGo Pro』を使って『ドラえもん』の映画を映しています。

テントを張って、若干寒かったので毛布を被りながらの鑑賞になりましたが小学生の息子も大喜びです。

 

天気の良い夜にしか楽しめませんが、夜空の下で大スクリーンでの映画鑑賞はとても気持ち良く、映画館では味わえないような解放感が味わえます。

スピーカー付きのポータブルプロジェクターと簡単に設置できる自立型のスクリーンで10分もあれば屋外シアターが構築できます。

外で映画を見られると言うだけで子ども達は大喜びです。

気軽に外出できない日々で溜まった子ども達のストレス解消にも役立つと思うので、プロジェクターを使って屋内でホームシアターを楽しんでいる人は、ぜひ屋外シアターも試してみてください。

(Visited 699 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました