【SC-VA1】YouTubeやNetflixが楽しめるモニター付き高音質スピーカー、値段が下がっていたので買ってみた!

モニター付きスピーカー『SC-VA1』 デジタルガジェット
スポンサーリンク

以前、家電量販店の店頭で見かけて「面白そうだな」と思っていたモニター付きスピーカー、パナソニックの『SC-VA1』ですが、値段が下がってかなり買いやすくなっていたので買ってみました。

 

このSC-VA1、Google Nest HubやAmazonのEcho Showのようなスマートディスプレイのように見えますが、AIは搭載されていません。

この機器は10インチのモニターが付いたスピーカーで、あくまでスピーカーがメインです。

スピーカーがメインなのですが、スマホからモニターにキャストしたり本体に内蔵されているYouTubeやNetflix、dTV等のアプリを使えばモニターに表示された映像を高音質で楽しめると言う、『YouTubeを聴くならコレ』がコンセプトの面白いガジェットです。

 

ディスプレイの右側についているグレーの部分がスピーカーです。

スピーカーが右側にしか搭載されていないので映像視聴の際にバランスが悪いように思いますが、このスピーカーは『360°重低音スピーカー』と言って、どこからでもバランスの良い高音質が楽しめる作りになっています。

これが本当に良くできていて、部屋のどこで聴いても両耳からステレオ音声が聴こえて来るような不思議な感覚が味わえます。

 

ホームメニューはこんな感じです。

左からアプリ、ミュージック、お部屋ジャンプリンクの順に並んでいます。

 

ホームメニューから『アプリ』を選択すると内蔵されているアプリ、NETFLIX、YouTube、hulu、radiko、DAZN、dTV、Paravi、U-NEXTの8種類の選択画面が開きます。

この8つのアプリはスピーカーをネットに接続しておけば付属のリモコンで操作してそのまま楽しめます。

Android TVのような使い勝手です。

 

bluetoothで接続してスマホ等の音楽を楽しみたい場合はホームメニューから『ミュージック』を選択します。

 

ホームメニュー一番右側の『お部屋ジャンプリンク』を選択すると、nasneやその他ネット対応の録画機器等を開くことができます。

この機能を使えばSC-VA1をテレビとして使うことも出来てしまいます。

 

ここまででも充分多機能で面白い機器なのですが、このSC-VA1には背面にHDMI入力端子があります。

 

ここにChromecast with Google TVやamazonのFire TV Stickを挿せば、amazon Prime Video等本体に内蔵されていないアプリも楽しむことができます。

万が一スピーカー本体のサポートが終了して内蔵アプリが更新されなくなって使えなくなっても、これらの外部機器が使えるので安心です。

もちろんゲーム機を接続すればゲームも楽しめます。

 

解像度こそ1024×600とそんなに高くはありませんが、モニターサイズが10インチなので充分許容範囲と言うか気になりません。

 

で、こんなに高性能で色々楽しめるモニター付きスピーカー『SC-VA1』、2019年7月の発売当初は32,000円前後で売り出されていましたが、これが今、新品だとamazonで15,000円前後、中古だとメルカリ等で探せば10,000円前後で買えてしまいます。

オフタイマー機能がついているので私はこれをベッドサイドに置いて何らかの映像を流しっぱなしにして寝たり、これまで以上にYouTubeやNetflixを楽しむようになりました。

一台持っておくと便利で楽しいので買えるうちに買っておいた方が良いと思います。

 

【YouTube動画版はこちら】

 

 

 

Chromecast with Google TV
Chromecast with Google TV turns any TV into a smart TV with one seamless experience for all your streaming apps.
(Visited 31 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました