【AceFast T2】低価格で高機能なノイズキャンセリングワイヤレスイヤホンのレビュー【bluetooth 5.2】

ワイヤレスイヤホン ACEFAST T2 デジタルガジェット
スポンサーリンク

AceFastと言うメーカーさんから『T2』と言うワイヤレスイヤホンのレビュー依頼を頂きました。

AceFastさんについてはメールを頂いて初めて知りましたが、公式サイトで確認してみたところ、

https://acefast.com/

ワイヤレスイヤホン、ケーブル、充電器等を製造、販売されている中国のメーカーのようです。

今回レビュー用にワイヤレスイヤホンのサンプル品をご提供頂けると言うことだったので喜んでレビュー依頼を受けることにしました。

 

スポンサーリンク

AceFast T2 について

今回私がレビューをご依頼頂いた商品は『T2』と言う名前のワイヤレスイヤホンです。

amazonの商品ページはこちらになります。

 

価格と機能

定価5,980円ですが現在1,000円オフのクーポンが発行されているので4,980円で購入できます。

このワイヤレスイヤホンの特徴は、

  • ANC(アクティブノイズキャンセリング)機能搭載
  • ENC ノイズリダクションクリア通話
  • 外音取り込み機能搭載
  • 防水(IPX4)
  • AACコーデック対応
  • Bluetooth5.2対応
  • イヤホン単体で7時間連続再生(ANCオンの状態だと4時間、充電ケースを使うと35時間再生可能)

だいたいこんな感じです。

ノイズキャンセリング機能搭載でクリアな通話、防水、充分な連続再生時間、とワイヤレスイヤホンに必要な機能は大体満たしている感じですね。

 

スマートタッチ操作

下の画像のようにイヤホンをタップで再生/停止や曲送り、モード切替、通話等一通り操作できます。

あとはタッチ操作でボリュームの調整ができると便利だと思いますが、まあ充分だと思います。

 

 

AceFast T2のレビュー・感想

それでは実物を見て行きます。

化粧箱・同梱品

箱はこんな感じで、デザイン、材質共に安っぽさはなく、しっかりした作りになっています。

 

箱を開けると説明書とイヤホンケース、小箱が入っています。

小箱には充電用ケーブル、交換用イヤーピースが入っています。

 

写真では分かりづらくなってしまいましたが、イヤホンケースには黒で『ACEFAST』とロゴが入っています。

ケースはシンプルなデザインにつや消しの黒で良い感じです。

 

説明書にはもちろん日本語も記載されています。

 

充電ケース

ケースにはバッテリーが内蔵されていてUSB-Cケーブルで充電します。

 

ケースにケーブルを接続してみました。

手前のオレンジに光っているこのランプでケースの充電状況が確認できます。

ランプが赤色に光っているときは充電状況が20%~50%、オレンジが50%~80%、緑になると80%以上と言った感じです。

 

ケースを開けるとこんな感じでイヤホンが収納されています。

 

イヤホンをケースから取り出すと自動で電源がオン、収納すると電源がオフになり充電が開始されます。

ケースからイヤホンを取り出すと電源が入り、そのままスマホから簡単にペアリングできました。

 

使用感・音質

屋内や屋外で装着して音楽、動画、ラジオ、通話にと一通り使ってみました。

 

装着感

多少動き回っても外れそうにないくらい耳にピッタリフィットしますが、イヤホン本体が軽いので違和感がなく、長時間装着しっぱなしでも疲れませんでした。

寝る前に音楽を聴いていたら装着したまま寝落ちしてしまいましたが耳が痛くなりませんでした。

この軽さとフィット感は良いですね。

 

音質

肝心の音質ですが、低音、中音が充分良く出ます。

高音が若干籠っていると言うか若干クリアじゃない感じがしますが、価格を考えれば充分良い音が出ていると思います。

5,000円前後で購入してこの音なら充分満足です。

奥行きこそ感じられませんが、各音域のバランスが良く長時間聴き続けても疲れませんでした。

 

ノイズキャンセリング機能

これにはちょっと驚きました。

ノイズキャンセリング機能をオンにするとしっかり周囲の雑音が消えます。

オンにした時とオフにした時で正直「こんなに?」と思うくらいハッキリ差があります

これによって音楽、動画視聴の際の没入感が増しました。

 

まとめ

私は普段、JBLのLIVE 300TWSを愛用しています。

LIVE 300TWSはワイヤレスイヤホンの中では低価格な方ですが、それでもこのT2と比較すると約2倍ほど高価です。

価格差通り音質(特に中音、高音の細かさやクリアな感じ)こそJBLの方が上に感じますが、LIVE 300TWSは重量やバランスの関係で装着したまま運動するとずれて音が止まってしまうことが結構あります。

ACEFASTのT2は軽さとフィット感が抜群で、装着したまままルームランナーで走っても全くずれる気配がありません。

ノイズキャンセリング機能をオンにしておけばルームランナーの音を全然気にせずに音楽を聴きながら走れますし、防水機能を備えているので汗をかいても安心です。

ジョギングやエクササイズに最適ですね

もちろん軽さとフィット感だけじゃなく音質もそこそこなので普段使いにも良いと思います。

 

3万円くらい出してAppleのAirPods ProやBOSEのイヤホンが買える人は当然そっちを買った方が満足できると思いますが、できるだけ安く、気軽に使えるノイズキャンセリング機能搭載のワイヤレスイヤホンが欲しい人にはおすすめです。

私は軽さとフィット感、ノイズキャンセリング機能が気に入ったので主にジョギング用にこのまま使って行こうと思います。

 

日本のamazonでは見当たらないので販売されていないのかも知れませんが、ACEFASTさんの公式サイトを見るとT2の上位版っぽいT3と言う機種があり、これがクリアカラーのケースがかっこ良いんですよね。

https://acefast.com/catalog/audio/tws-headset-t3/

価格がわからないので上位版かどうかもわからないのですが、ACEFASTさんはT1と言う廉価モデルも販売されていて、T1、T2の順で高くなっているのでT3は最上位機種だろうと言う予想です。

T2のフィット感で音質が更に向上したものがT3だとすると、価格によっては買ってメインで使って行きたいと思えるような感じです。

T3、気になりますね。

(Visited 83 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました