話題のARグラス『Nreal Air』を外観チェックしてアクティベーション。PCと接続して外部モニターとして使ってみた。

Nreal AirをPCに接続 デジタルガジェット
スポンサーリンク

3月に発売されたARグラスの Nreal Air。

この手のニッチな層をターゲットとしているデバイスでは珍しいと思うのですが、大人気でしばらく品薄が続いていました。

私も興味があって関連記事を読んだりしていましたが、私の使っているスマホ Galaxy Z Flip 3 は専用アプリのNebulaに対応していません。

 

Nreal Streaming Box と言う機器を使えばGalaxy Z Flip 3でもNebulaが使えるようなのですが、docomoのオンラインショップではいつまで経っても発売日未定になっています。

Nreal Streaming Box
ドコモオンラインショップでご購入可能な電池パック、充電器、リアカバーなどのアクセサリーを検索できます。

説明を良く読んでみると「Nreal Streaming Boxを使用する場合は、DRMコンテンツは視聴できません。」と書かれています。

そうなるとNetflix等の動画が視聴できないので動画視聴用途には使い辛いなあ、と考えていましたが、調べてみるとNreal Airはスマホと接続してアクティベーションだけ済ませればPCと接続してメガネ型外部ディスプレイとして利用可能とのこと。

その使い方だとWEBブラウザでNetflixもPrimeビデオも視聴できそうなので俄然興味が湧いてきました。

スマホがNebulaに正式に対応していなくても、インストールできればNreal Airのアクティベーションができるようなので、Galaxy Z Flip 3でストアを検索してみるとすぐNebulaが見つかりました。

そのままインストールできたので、まあ行けるだろうと言う感じでdocomoオンラインストアでNreal Airを注文し、翌々日には届きました。

 

箱はこんな感じです。

黒に黒のロゴがかっこいいです。

  

箱を開いてみるとかなり特殊な形状でした。

Nreal Airと同梱物がギッシリ収納されています。

 

Nreal Air本体、ケース、USB-Cケーブル、遮光シールド、クロス、視力矯正用レンズフレーム、交換用ノーズピース、説明書が入っていました。

視力矯正用レンズフレームに度付きレンズを入れてNreal Airにセットすれば、視力の悪い人もメガネなしでNreal Airが楽しめます。

 

Nreal Airの外観をざっくり見てみます。

正面はこんな感じ。

パッと見は普通のサングラスにしか見えません。

 

ちなみに、Meta(Oculus) Quest 2とサイズを比較するとこんな感じです。

機能が全然違うので比較しても仕方ありませんが、やはりNreal Airはサングラスにしか見えません。

 

レンズが2重になっていて、内側のレンズに映像が映し出されます。

 

左側面です。

 

左側のつるの先にUSB-Cのポートがあります。

ここにケーブルを挿してNreal AirをスマホやPCと接続します。

 

右側です。

 

右側のつるの底面には再生・停止ボタン、音量調整ボタンがあります。

 

両側のつるの底面にスピーカーがあります。

かけたときにちょうど耳のところにスピーカーが来るようになっています。

 

外観チェックはこの辺にしてアクティベーションに進みます。

スマホでNebulaを起動します。

 

新規でアカウントを作って、

 

USB-CケーブルでスマホとNreal Airを接続するとファームウェアのアップデートが開始されます。

 

「NebulaにNreal Airへのアクセスを許可しますか?」と何度か聞かれるのでその都度「OK」を選択していたらアクティベーションが完了しました。

 

Galaxy Z Flip 3で出来るのはここまでです。

Nebulaに正式には対応していないのでMRモードやAir Castingを選択しても何も起きません。

 

スマホとの接続を解除し、当初の予定通りNreal AirをPCに接続します。

Windows 11にアップグレードしたOneMix 4です。

余談ですがOneMix 4とほぼ同サイズのGPD Win Max 2が発表されていますね。

またかなり物欲をそそられています。

 

接続するだけでNreal AirにPCのデスクトップが表示されました。

 

PCに外部ディスプレイとして認識されています。

通常の外部ディスプレイと同様、設定でPC画面の複製でも拡張でも好きな表示方式を選択できます。

複製か、Nreal Airのみに画面を表示させる方式が使いやすそうです。

 

外部ディスプレイ扱いなので、当然ブラウザを使えばNetflixでもamazon Primeビデオでも問題なく視聴できます。

 

Nreal Airのレンズに映っている映像がぼやけているのは保護シートを剥がしていないからです。

実際は片目ずつフルHDの解像度なのでかなり綺麗にくっきり見えます。

この手のデバイスではこれまで経験してきたなかで一番綺麗だと思います。

 

Butterfly Audioと組み合わせて映画を視聴すれば楽しそうなので、その辺を試しつつ、今後、映画視聴デバイスとして使ってみて簡単なレビューを書きたいと思います。

 

【YouTube動画版はこちら】

(Visited 710 times, 4 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました