スマートスピーカー対応LED電球で自室をスマートホーム化してみた

デジタルガジェット
スポンサーリンク

スマートホーム化と言っても本当にタイトルの通り自室にスマート電球を取り付けただけですが、念願のスマートホーム化に向けて第一歩を踏み出しました。

天井についているメインの照明をスマートライト化したかったのですが、IKEAで買ったちょっと特殊な形状の電球で、これはこれで気に入っているのでそのままにしておくことにして別で電球をつけることにしました。

口金がGU10の自室の照明

 

部屋はそんなに広くないのでフロアスタンドではなく、壁に取り付けられるタイプのランプをAmazonで購入しました。

created by Rinker
¥2,970 (2020/10/27 04:12:24時点 Amazon調べ-詳細)

このランプ、壁にフックをつけるだけで固定できるので取り付けが本当に楽でお勧めです。

これに、Amazonで一緒に購入しておいた、Amazon EchoとGoogle Home両対応でハブが必要ないアイリスオーヤマのスマート電球を取り付けました。

created by Rinker
¥3,494 (2020/10/27 04:12:25時点 Amazon調べ-詳細)

昼光色や電球色はもちろん、RGBW調色電球なので色、明るさを変えられます。

電球を取り付け、スマホにアイリスオーヤマの専用アプリを入れて設定した後、Alexaと電球をリンクさせたら簡単にEcho Dotから音声で操作出来るようになりました。

昼光色
電球色

この電球の呼び名を「ライト」に設定したので「アレクサ、ライトをつけて」とEchoに話しかけるだけでライトがつきます。

音声操作でライトをつけたり消したりちょっとした魔法使い気分で楽しいです。

楽しいだけじゃなく、両手に荷物を持ってる時やベッドに入ったまま電気を消せるので実用的で便利になりました。

今回、元々所有していたEcho Dot以外、かかった金額はウォールランプとスマートLED電球で6,500円程度です。

スマート電球だけなら3,000円台で購入出来るので気軽に試せます。

なんとなくスマートスピーカーを買ったは良いけど使い道がなくて置いてあるだけって人が結構いそうな気がするのですが、そう言う人にぜひ試してほしいです。

スマートスピーカーが一気に生活必需品に変わります。

(Visited 298 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました