ニューダンガンロンパV3の感想

ゲーム
スポンサーリンク

購入してから長い間プレイしていなかった「ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期」をクリアしました。

ダンガンロンパシリーズは1作目、2作目、絶対絶望少女とプレイし、アニメシリーズも全て見ているくらい好きなのですが、このゲームって始めると続きが気になって仕方ないくらい没頭してしまうので逆になかなか始められないみたいな感じでいつも購入からしばらく経ってからプレイしてます。

それにしても長い間やっていませんでしたが、その間Switchのマリオオデッセイやスマブラにハマっていました。

このゲームはストーリーが重要なので極力情報は入れないようにしていましたが、それでも何やら物議を醸しているらしいと言う話は伝わってきました。

詳しくは書きませんが、ゲーム序盤から驚きの展開に「なるほど」と自分を落ち着かせながらのプレイになりました。

途中色々ありながらも予想不能のストーリーや魅力的なキャラに没頭して一気に最後まで行きました。

最終章は物議を醸すのも納得の展開。

ドリームキャストで出てた「D2(Dの食卓2)」で、頑張ってクリアしてやっとたどりついたエンディングを見て感じたような、「今まで自分は何やってたんだ感」ほどではありませんでしたが、若干の似たような感じを受けました。

とは言え、よく考えたらこのゲームってテーマが「嘘」だと思うんですよね。

「嘘」でひっかきまわしてくれるキャラクター。設定含め色々な「嘘」。

だからエンディングでチラッとそんな感じのことにも触れられてはいますが、今作のゲーム内で語られているストーリーが「嘘」であっても別に良いと思うんです。

V3のストーリーを都合よく編集して更に続編を制作して欲しいなあ、とか思っていたのですが、制作者がスパイク・チュンソフトを退社して別会社を起ち上げられているとかで続編は難しそう。

を見るとダンガンロンパと似たテイストのゲームを複数制作されているようで、そちらはかなり期待できそうです。

けど「ダンガンロンパ」はこれで終わりかなあ?

V3の最後も「ダンガンロンパ」らしいと言えばらしいし楽しませてもらったけど、「希望 VS 絶望」ももう少し見てみたかったなあ・・・。

(Visited 171 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました