新しくFire TV Stick を買ってみたらリモコンがかなり便利に!

デジタルガジェット
スポンサーリンク

Fire TV Stickは2015年の初代発売直後に購入し、その後音声認識リモコン付きの第2世代を購入しました。 

初代と第2世代を比較すると本体が一回り大きくなり、初代では気になっていた動作のもたつきが第2世代で完全に解消されていました。

 

第2世代はキビキビ動いて満足だし、わざわざ新しいものに買い換える必要性も感じずそのまま使ってきましたが、今回Fire TV Stickがもう一つ必要になったので新しく購入しました。

3つ目のFire TV Stickになります。

 

初代から順にリモコンを並べてみました。

一番右が今回購入した新しいFire TV Stickのリモコンです。

リモコンに電源ボタン、ボリュームボタン、ミュートボタンが増え、『amazon』の文字が消えてロゴマークのみになりました。

 

本体のCPUやメモリは2017年のものから変化ないようですが、リモコンのボタンが増えたことによってかなり便利になっています。

リモコンに新しく搭載された電源ボタン、ボリュームボタンでテレビの電源、ボリュームを操作できるようになっていて、これによってテレビの電源を入れ、動画を見て、ボリュームを調整して、テレビの電源を消すという一連の作業がFire TV Stickのリモコン一つでできるようになりました。

ボリュームボタンはサウンドバー等外部接続のスピーカーにも対応しています。

それぞれのボタンの設定も使用機器のメーカーを選択するだけなのでかなり楽です。

 

もう既にサクサク動く第2世代のFire TV Stickを使っている人でも、新しいリモコンはかなり便利なのでセールで安くなっていたら買い替えてしまって良いと思います。

 

(Visited 64 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました