『GPD WIN Max 2021』発表!現行WIN Max所有者は基盤だけ購入して換装によるアップグレードも可能に!

GPD WIN Max 2021発表 デジタルガジェット
スポンサーリンク

One-Netbook社の8.4インチスレート型ゲーミングPC『ONE XPLAYER』のクラウドファンディングが開始され、盛り上がっている最中、かねてから噂されていた『GPD WIN Max』のアップグレード版、『GPD WIN Max 2021』が発表されました。

AMD Ryzen 7 4800U搭載モデルとIntel Core i7-1185G7、1165G7搭載モデルの合計3つのモデルが発売されるようです。

見た目は現行WIN Maxと特に変わっていないように見えますが、画面サイズも同じ8インチと言うことでいいのでしょうか?

早期予約特典で40%もの値引きが受けられるようなので、気になる人は以下でメールアドレスを登録しておけば予約受付開始のお知らせが受け取れます。

https://www.indiegogo.com/projects/–204870/coming_soon

上のIndiegogoのページによれば、AMD Ryzen搭載モデルはプログラミング等のデスクワーク用途に、Intel Core i7搭載モデルはゲームに、と言う位置づけになっているようです。

プログラミング等の用途にWIN Maxを購入する人がいるのかどうかは疑問ですが、AMD Ryzen搭載モデルもゲームはできると思いますし、消費電力が少なくIntel Core i7搭載モデルよりバッテリーが長く持つ等のメリットがありそうです。

 

私のGPD WIN Maxは昨年購入したばかりなので当然ですが、まだまだ現役で稼働していて、最近もSteamのGWセールで『NieR:Automata』を買って遊んでいるところです。

今年中にアップグレード版が発売されたところで買い替える気はありませんが、なんとこのWIN Max 2021は基盤だけの販売も予定されていて、現行のWIN Maxユーザーは自分で基盤を換装することでWIN Max 2021にアップグレード出来るらしいのです。

これは嬉しいですね。

特に現状のWIN Maxで不便は感じているわけではありませんが、換装でアップグレード出来るとなると好奇心からぜひやってみたいです。

換装に失敗したら終わりのような気もしますが・・・。

とりあえず上記のIndiegogoのページからメールアドレスを登録してみました。

 

GPD WIN 3にONE XPLAYER、AYA NEO(部品供給の関係で出荷が遅れているようですが)と、今年はスレート型のポータブルゲーミングPC全盛の年になると思っていたところにラップトップ型のGPD WIN Maxの後継機が来ましたね。

選択肢が増えるのは良いことです。

(Visited 949 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました