amazonの新しいFire 7(第12世代 2022年発売)は割り切って使えばコスパ抜群で使いやすい良いタブレット!

New Fire 7 2022 第12世代 デジタルガジェット
New Fire 7 2022 第12世代
スポンサーリンク

2022年6月末にamazonから発売された新しいFire 7タブレット。

ちょうど7インチくらいのタブレットが欲しかったので純正カバーとフィルムと一緒に購入しました。

6,980円と言う価格がとても魅力的です。

ちなみにカバーはこれ。

フィルムはこれです。

 

スポンサーリンク

fire 7を開封してフィルムを貼って外観チェック

早速開封します。

 

Fire 7本体の箱にはタブレット本体と説明書、充電用ケーブル、アダプターが入っています。

 

Fire 7の電源を入れる前にまずは保護フィルムを貼ります。

外に持ち出すことも多いと思うので反射防止フィルムを選択しました。

このフィルムは2枚入っているのでお得です。

 

フィルムが綺麗に貼れたのでfire 7の外観を見て行きます。

ディスプレイの上部には2メガピクセルのカメラ。

 

右側面には電源、ボリュームボタン、USB-Cポート、3.5mmイヤホンジャックがあります。

 

左側面には何もありません。

 

上部の左側にスピーカー(モノラル)。

 

下部にはmicroSDカードスロット。

1TBまでのmicroSDカードに対応しているので、動画をダウンロードする場合も安心です。

 

背面には左上に2メガピクセルのカメラとお馴染みのamazonロゴ。

カメラがついていると何だかんだ便利ですよね。

このカメラでは720pの動画が撮影できます。

 

カバーを装着して電源を入れてみました。

 

指示に従ってセットアップを完了すると、お馴染みのFire OSのホーム画面が表示されました。

 

 

1週間ほど使い込んでみた

純正カバーを装着して1週間ほど持ち歩いて使ってみました。

 

率直な感想としては、”6,980円と言う価格を考えて割り切って使えば使いやすくて良いタブレット”と言う感じです。

不満な点を挙げようと思えば挙げられますが(例えばスピーカーの音質がイマイチだったり、TverやジャンププラスやYouTubeアプリが使えなかったり、主に使えるアプリの数に関しては不満)、

「6,980円だし。」と考えて用途を限定すれば全然問題ないどころかむしろ素晴らしいタブレットに思えます。

 

このFire 7を一言で表すとどういうタブレットなのかと言うと、

”動画や他のアプリもそこそこ楽しめる読書用タブレット”

です。

こう考え、読書目的で安いタブレットを買う気で購入すると他にも色々できて、後悔どころかむしろ得した気分になります。

 

androidやiOSのkindleアプリからは本を直接購入することができなくなりましたが、Fire 7はamazon製のタブレットなのでkindleアプリから本を直接購入してそのまま読むことができます。

 

読書用端末と言うと、他にKindle paperwhiteもありますが、

Fire 7はカラー表示なので見やすいです。

もちろんkindle paperwhiteの方が優れている点も多々あります。

バッテリーの持続時間や目の疲れなさ等はkindle paperwhiteの方が優れていますね。

でもまあ、kindle paperwhiteはFire 7の2倍以上の値段(14,980円~)ですし、気軽に買える読書用端末としてはFire 7に軍配が上がります。

 

Fire 7はmicroSDカード対応なので大量に本を保存しておくこともできます。

 

もちろん動画もダウンロードできるので、自宅であらかじめ大量に本や動画をダウンロードしておけば、長時間の電車移動等に便利ですね。

 

スマホの延長で色々なアプリを大画面で使いたい人には普通のandroidやiOSがインストールされたタブレットをお勧めしますが、

netflixやプライムビデオで映画やドラマを楽しんだり、ウェブサイトを閲覧したり、twitterを眺めたり、

読書をメインの目的としてFire 7を買えばついでに色々なことが出来て後悔しないどころかむしろ「6,980円で良いの?」と思うくらい便利です。

 

私は、Fire 7のサッと取り出して使えるサイズ感、値段的にある程度雑に扱っても気にならない感じが気に入ってかなりヘビーに使っています。

DIXIM Playをインストールし、nasneと接続して寝る前にサクッとテレビや録画番組を視聴できるようにもしました。

Amazon Fire TV/タブレット用 テレビ視聴アプリ | DiXiM Play Amazon Fire TV版/タブレット版 | DiXiM Play
Amazon Fire TV/タブレットでテレビ視聴を楽しめるDTCP-IP対応プレーヤーアプリ、DiXiM Play Amazon Fire TV版/タブレット版の製品情報です。

かなり便利です。

 

色々書きましたが、6,980と言う、失敗しても取り返しがつかないような金額ではありません。

気になる人は、Fire OSと言う、androidと似ているけど違うOSがインストールされているのでandroidと同じように全てのアプリが使える訳じゃないと言う事だけ理解しておけば買ってしまって大丈夫だと思います。

 

関連YouTube動画】

◆NEW Fire 7 タブレット(2022年発売 第12世代)を開封して保護フィルム貼ってカバーを装着してみた。

 

◆第12世代 Fire7(2022)は価格を考えて割り切れば最高に使いやすくて良い!

 

 

 

(Visited 168 times, 3 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました