中古のChromebookを買うときの注意点

chromebook デジタルガジェット
スポンサーリンク

Chromebookについて調べているうちに現物を触ってみたくなり、とりあえず安く手に入れて触ってみようと言うことで中古を探してみたところ、中古のChromebookには注意しないといけない点があることがわかりました。

Chromebookって安くてスペック的にも問題ないからって古いものを買うと失敗ってことがあるようですね。

と言うのも、Chrome OSってデバイス毎に更新の有効期限が決まっているらしいのです。

例えば、お手頃価格で中古が出回っているASUSのChromebook Flip C100PAですが、

スペック的には今でも充分使えそうですよね。

でもOSの更新有効期限が2020年7月までと決まっているのです。

今から買うと1年も使えないことになります。

厳密にいうとOSが更新出来ないだけで、更新しなければ使い続けられます。

でもOSが更新出来ないとなるとセキュリティー的に気になるしなんか気持ち悪いですよね。

 

今からASUSのChromebook Flipを買うなら後継機のChromebook Flip C101PAの更新期限が2023年8月なので、そちらにした方が長く使えますね。

 

以下にそれぞれChromebookの更新期限が書かれているので、中古のChromebookを買うときは調べてから買うようにすれば安心です。

Auto Update policy - Google Chrome Enterprise Help
Overview Chrome devices (e.g. Chromebook, Chromebox, Chromebase, Chromebit) receive automatic updates that enhance both the device and its software. Device upda...

 

安いのは安いなりの理由があると言うことはわかりましたが、期限に拘らず安く買って1年使えれば充分と言う考え方もありますし、せっかく買うのに1年で使えなくなるのはなあ・・・と言う考え方もあると思います。

私は今どうしようか悩み中ですが、中古でChromebookを購入する際はChrome OSの更新有効期限に注意してください。

(Visited 174 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました